更年期の症状と改善方法はこれがベスト!体験談も公開!

日常

更年期とは?

閉経をはさんだ前後5年、約10年間の時期を指します。
50歳すぎに閉経する人が大部分なので、一般的には45歳〜55歳くらいの時期が更年期にあたると言われています。 

更年期の症状が本格的に出始めるのはだいたい40代後半ぐらいで、
卵巣機能が落ちてきて月経が不順になり出してからです。

更年期のさまざまな不調⇨更年期症状
仕事や家事など日常生活に支障をきたしてしまうほどの重いもの
⇨更年期障害

女性ホルモンの減少

更年期には卵巣の機能が低下し、
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少していきます。
その結果、ホルモンのバランスが崩れ、月経周期の乱れやエストロゲンの欠乏により心身にさまざまな不調があらわれます。

脳からエストロゲンを「出して〜」と言われるのに、出せないので、
脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出すために、異常な発汗、イライラ、めまいなどの症状があらわれるのです。

精神神経系の症状頭痛、めまい、耳鳴り、もの忘れ、抑うつ感、倦怠感、判断力・集中力の低下 、不眠、不安感 など
血管運動神経系の症状のぼせ(ホットフラッシュという)、ほてり、発汗、冷え、動悸、息切れ、手足の冷え
皮膚・分泌系の症状皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス(唾液分泌の低下)、ドライアイ
消化器系の症状食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨満感
運動器官系の症状肩こり、腰痛、関節痛、背部痛、手のこわばり、手足のしびれ
泌尿器・生殖器系の症状月経異常、頻尿、尿失禁、残尿感、性器下垂感、外陰掻痒症、膣萎縮症状

更年期を乗り切る方法とサプリメント

プラセンタ

赤ちゃんのへその緒と繋がっている胎盤の事です。
胎盤には細胞を育成、活性化させるタンパク質やアミノ酸、核酸、ビタミンなどの栄養素があります。
アンチエイジングとしても用いられるプラセンタですが、実際に使用してみて関節痛はほてりが和らいだそうです。

余談ですが、プラセンタの効能には他にも、

肝臓の動きを助ける、アレルギーの抑制、疲労回復、シミ・シワを抑制・美白効果、胸が大きくなる 、などありました。

現在は、プラセンタエキス(ヒトホルモン)を直接体内に入れる、プラセンタ注射があります。
3000円〜5,000円ほどで、婦人科で打ってもらえます。_

アリナミン

ビタミンB6ビタミンB12を配合し、「目の疲れ」「肩こり」「腰の痛み」などの
ツライ症状にすぐれた効果をあらわします。
神経痛に効くと言われているアリナミン。

なち
なち

母は一日1回、アリナミンDXを1錠服用したところ、
だるさや関節痛に効いたそうです。

created by Rinker
アリナミンEXプラス
¥6,347 (2020/09/21 13:12:03時点 Amazon調べ-詳細)

ビタミンB1誘導体フルスルチアミン、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム、ビタミンEを配合し、「目の疲れ」「肩こり」「腰の痛み」などのつらい症状にすぐれた効果をあらわします。

created by Rinker
アリナミンA
¥1,319 (2020/09/21 13:12:04時点 Amazon調べ-詳細)

カラダが「だるい」「重い」といった疲れにすぐれた効果をあらわします。フルスルチアミンに加え、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビタミンB6を配合し、疲れたカラダにすぐれた効果をあらわします。

ビタミンB1誘導体フルスルチアミン、活性型ビタミンB6、メコバラミン(活性型ビタミンB12)、天然型ビタミンE、葉酸、ガンマーオリザノールを配合し、「つらい目の疲れ」「肩・首すじのこり」「腰の痛み」などの症状にすぐれた効果をあらわします。

命の母

  • デリケートな女性の身体の仕組みを考えて作られた女性保健薬です
  • 13種類の生薬とビタミン類、カルシウムなどを配合。
  • 血行を促し体を温めることで、女性ホルモンと自律神経のアンバランスから起こるさまざまな身体の不調を改善し、女性の前向きな生活をサポートします
  • 女性保健薬とは、女性にあらわれる特有な諸症状の緩和と健康増進の目的のお薬です
    ホルモン剤ではありません

女性ホルモンを安定させる効能がありますが、生理がまだ来る人向けなので更年期には命の母Aをオススメします。

更年期が早く来る人、重い人の特徴

◾️もともと生理不順

体質的に生理不順、ということはホルモンバランスが安定しない人なので更年期が早めに来たり症状が重い可能性が高いです。

◾️ダイエット

過度なダイエットにより、生理不順を起こしていた人は卵巣にダメージを与えています。
更年期障害は卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の欠乏によって起こるため、早く訪れてしまうことがあります。

◾️セックスレスは関係する!?

直接的な因果関係はないと言われていますが、セックスに限らず“幸せホルモン”と呼ばれる脳内で作り出されるセロトニンが充分に分泌される行為をしていると、更年期障害が軽く済む可能性があるそうです。

セロトニンには精神を安定させる、良質な睡眠へと導く、内臓の働きや代謝を活発にするなどの効果があると言われていますのでパートナーとのスキンシップは少なからず更年期の症状を軽くする要因となるでしょう。

実際に体験した更年期障害

【Yさん 53歳】
49歳の時に、生理不順になり、その後徐々にのぼせや関節痛が現れる。
12年続けた接客業も続けるのが苦痛になり、病院に行ったところ、更年期と診断された。

⇨4年前に診断を受けてから、命の母とプラセンタ、アリナミンを服用
⇨生理は4年間で2回

【Uさん 54歳】
50歳になってから月経不順、イラつきが止められなくなり、家族につい当たってしまったり理由もなくイライラしたりなど日常生活が正常に送ることが困難になってしまった。

⇨生理は一年に1回、不正出血も度々起こった
⇨婦人科にて1ヶ月に1回プラセンタエキスの注射
⇨漢方を服用

【Mさん 56歳】
48歳の時に更年期障害と診断を受ける。
きっかけは軽いうつのような症状が現れたこと。
パートに行くのがだるい、家事が進まない、などと日常生活が上手く送れなくなってしまった。
そのうちに腰痛がひどくなってしまい。パートを辞めてしまった。

⇨命の母を服用
⇨プラセンタエキス注射を1ヶ月に1回
2年ほどして症状は緩和したがいまだに薬が途切れると症状が出てきてしまう。

なち
なち

どうでしたか?今回は周りの仲のいい主婦さんから聞いた話を元に書いていきました。
辛い更年期は家族の協力も必要不可欠なので、周りと協力して乗り越えていきたいですね。